デリケートゾーンのムダ毛処理ワンポイント講座

十代の頃初めてビキニを着たときに横からチョロッとしたのがきっかけで、一年中ビキニラインのムダ毛処理をするようになりました。
私の場合、とにかく毛量が多いのと長いので一本ずつ抜くのは気が遠くなります。かといってカミソリだと生えてくるときにチクチクして不快なので、ビキニラインの処理は憂鬱です。
アフターケアで気をつけていることは特にありませんが、ビキニラインだけ気にして処理したつもりでいても、中心の長い毛が横向きになって水着からコンニチハしたことがあります。
なので、わたしがビキニラインのムダ毛を処理するときには中心の長い毛も気をつけてショーツから出ない程度の長さにカットしています。これも短くしすぎると逆にチクチクしてショーツからツンツン出てきてしまうので、切り過ぎないように注意しています。

処理するときはお風呂で毛抜きで抜いているのですが、一本ずつ抜くのが面倒で手で直接むしったこともあります…これは毛穴へのダメージが大き過ぎるのでオススメしません。(笑)
毛抜きで抜くときはなるべく根元の部分をつまんで引っ張ると痛みが少なく抜けますよ。

最近は脱毛サロンも安くなってきてるので、通った方が楽なのかなとも思っていますが、美容はお金をかけ始めると本当にきりがないのでどこまで出費を認めるのか線引きが難しいところです。
腸内フローラのバランスがお肌に影響を及ぼすというテレビを見て、万年便秘気味という事もあり、最近サプリではなくオリゴ糖を飲み始めたので、脱毛するのはまだ先かなと諦めています。
ちなみに、私が飲んでいるオリゴ糖はこれです。
→オリゴのおかげというものです。
定期購入なので継続して半年ぐらいですが、前よりかは便秘は良くなってます。
腸内フローラがどうなったか?というのは個人では分かりませんが、肌荒れもそういえばしにくくなったかなという印象はあります。
あ~、どうせなら脱毛に行きながら、こういう美容にお金を惜しみなく使えるようになりたい・・・

この投稿は2016-11-21に公開されました。

シャンプーは毎日しない!が新常識?

シャワーでシャンプーしてるイラストシャンプーって毎日してますか?
毎日しないとなんだか気持ち悪い!
そんな意見も結構聞きます。
しかし外国の人だと、毎日シャンプーなんてしないよ!というのも有名な話です。
どちらも間違っているということはありませんが、美髪を手に入れたいのならシャンプーは毎日する必要はありません。

毎日シャンプーをすることは、確かに気持ちがいいし気持ちもスッキリします。
しかし毎日シャンプーをすると、必要以上に皮脂が落ちてしまうのです。
必要な分の皮脂まで落ちてしまうと、髪の毛が傷んだり抜け毛の原因にもなってしまいます。

キレイな髪の毛を手に入れたいのなら、シャンプーは3、4日に1回で十分なんです。
そうすれば髪の毛の本来持っているツヤも蘇ってくるので、キレイな髪の毛を手に入れることができます。
また、シャンプーの時には必ずぬるま湯で行うようにしてください。
熱いお湯で流してしまうと、頭皮が乾燥してかゆみやフケの原因にもなってしまいます。

最近髪の毛がパサパサする、傷んできたという人はもしかしたらシャンプーのしすぎかもしれません。
シャンプーの回数やお湯の温度を見直してみて下さい。
きっと、トリートメントやオイルでは得ることのできないキレイなツヤが手に入りますよ。

この投稿は2016-04-12に公開されました。

頑張らない!美容方法の効果

ストレスを感じている女性少しでもキレイになりたい!
女性なら誰もがそう思って生きています。
新発売のスキンケア用品やメイク用品、ネットで話題の美容液やハンドクリームやネイル、効果的なスキンケアの使い方や流行りのメイク方法など女性はキレイになるために日々いろんなところから情報を集めて努力しています。
少しでもキレイになりたい!と努力すること、日々意識することはとてもいいことです。
しかしそんな努力も度が過ぎると、逆効果になってしまうこともあります。

お肌にとって、一番の敵はなんだと思いますか?
それはストレスです。
キレイになろうと頑張りすぎると、逆にストレスが溜まってしまい、ストレスのせいでお肌に悪影響を与えてしまうこともあるのです。
それにストレスが溜まってしますとお肌だけではなく、体の不調も起こしかねません。

常にキレイになりたい、と意識して生活をすることは女性としてとてもいいことです。
ただたまには何も考えずに、何もしないでのんびり過ごす休日を作ることも大切です。
お肌のケアもたまにはお休み、心も体もお休みさせてリフレッシュしましょう。
たまには頑張り過ぎないことも、人間にもお肌にも必要ですよ。

この投稿は2016-01-30に公開されました。

美容液をお肌にもっと吸い込ませるコツ

スポイトでとってる美容液お肌に潤いがない、この季節はどうしてもお肌は乾燥しがちになてしまいます。
保湿対策はもちろんですが、美容液を欠かさず使うようにしている人も多いと思います。
でも美容液って、どうやってつけていますか?
つけるだけでお肌に潤いを与えてくれると思っている人もいるかもしれませんが、つけ方をちょっと変えるだけでもっとお肌に美容液を吸い込ませることができるんです。

美容液は、入浴したあとに化粧水や乳液でお肌を整えてから最後に美容液をつけるという人がほとんどだと思います。
その時に、顔や手が冷めてしまわないうちにお風呂から出たらできるだけ早くやるようにしてください。
顔も手も温かいほうが、美容液の吸収が良くなります。

そして顔に美容液をつけたら、手でゴシゴシと塗りこむようなことはしないこと!
手で顔に押し込むようになるべくゴシゴシと摩擦するようなことはしないで、押さえ込むようなイメージで顔を手で包み込んでください。
こうすることで、美容液はお肌の奥へ奥へと吸い込まれていきます。

美容液をもっとお肌に吸い込ませるコツは、たったコレだけです!
このことを意識するだけで、お肌は乾燥しにくくなって潤いも増します。
嘘だと思ったら、試してみてください。
絶対に普段よりもお肌に潤いがあると実感することができますよ。

この投稿は2016-01-25に公開されました。

背中がカサカサしてかゆい!

背中がかゆい白熊今年の冬は暖冬だ暖冬だと言われていますが、お肌にそんなことは関係ありません。
暖冬だろうとなんだろうと、この季節にはお肌がカサカサするんです!
特に背中がカサカサしてかゆくて仕方がない人が急増する季節なのです。
私もそんな中の一人です。

冬になると、当たり前ですがお肌が乾燥します。
手や会や足など、自分で目に見える部分は乾燥したら気がつきやすいし保湿しやすい部分です。
しかし、背中はそうはいきません。
自分で確認することも難しいし、乾燥していると一番気が付きにくい部分です。

なぜかゆみを感じるのかというと、お肌は乾燥してしまうとちょっとの刺激でもすぐにかゆいと感じてしまうそうなんです。
背中に服がちょっと擦れただけでも、かゆい!と感じるのはそのせいなんです。
背中がかゆくて孫の手を使ってかく。
あー気持ちがいい。
その時はかゆい所に手が届いて、すっきりするかもしれません。
でもかいてしまうと、さらにお肌はダメージを受けて状態は悪化してしまうそうなんです。

ではどうしたらいいのか?
それはやっぱり保湿なんです!
私の背中がカサカサしてかゆくて、家族に保湿クリームを塗ってもらいました。
一般的に売られている、なんの特徴もない保湿クリームだったんですが次の日にかゆみはかなり良くなりました。
自分で背中に保湿クリームを塗ることは難しいので、誰かに頼むしかないですが保湿はやっぱり効果的です。
一人暮らしをしていて誰にもクリームを塗ってもらえない!という人は、お風呂のお湯に保湿成分が配合された入浴剤などを入れるなどして保湿を心がけてみてください。
悪化させないためになるべく孫の手は使わないで・・・保湿を頑張りましょう!

この投稿は2016-01-13に公開されました。

膝の乾燥、黒ずみの原因

女性の膝ストッキングを履くときに、膝の乾燥が気になる。
スカートを履くと、膝の黒ずみが目立って恥ずかしい。

ふとした時に気になる膝の乾燥と黒ずみ。
どうして膝は乾燥して黒ずんでしまうんでしょうか?

もともと膝は、お肌の中で一番皮脂量が少ない部分だと言われています。
潤いが少ないので乾燥もしやすく、外部からの刺激をもろに植えてしまう部分なんです。
膝の黒ずみも、外部からの刺激が一番の原因です。
特に介護や保育士さんなど、普段から膝をついて作業をする機会が多い人は膝が黒ずんでしまう人が多いです。
また、スキニージーンズなど普段からぴったり目のパンツを履くことが多い人も気が付かないうちに膝が黒ずんでしまう原因になります。
どちらの場合も、膝に摩擦を与えてしまっています。
普段する何気ない行動で色素沈着が起こり、膝は黒くなってしまいます。

黒ずみを作らないためには、なるべく膝に刺激を与えないことがお仕事などでそうもいかない人もいると思います。
これ以上、膝の乾燥と黒ずみを悪化させないためにも硬くなってしまった皮膚はお風呂で柔らかくしてケアしたり保湿を忘れずにするようにしましょう。
毎日少しずつでもケアをすれば、乾燥も黒ずみもだんだん改善されていくので諦めないで頑張りましょう。

この投稿は2015-12-23に公開されました。

手荒れ対策、してますか?

女性のキレイな手なにか特別なことをしたわけでもないのに、手荒れが起きてしまうのが冬。
いつも通りに家事をしても、いつも通りに仕事をしているだけなのにカサカサカサカサ・・。
冬の手荒れ対策、してますか?

冬になった途端、なんだか手が乾燥する。
冬に手が乾燥してしまう原因は、寒くなると血行が悪くなってしまうから。
季節的には仕方のないことだとは思っても、できることならカサカサしたくはないですよね。

単純かも知れないですが、手荒れしないためにはやっぱりこまめにケアするということが一番重要です。
家事や水仕事が多い人の場合は、手についた水分はしっかりとタオルで拭き取りましょう。
水分と一緒に、手の潤いも一緒に流れてしまいます。
手の水分はしっかり拭き取って、ハンドクリームなどでしっかり保湿することを忘れずにしましょう。

1回1回ハンドクリームを塗ってしまうと、次に家事をするときに手を洗ってから始めないといけない。
ハンドクリームを塗った手が気になるという人は、手につけたあとでも家事ができる専用のハンドクリームも販売されてい
ます。
べたつくことがなく、成分も天然なので問題なく家事ができて安心です。
ドラックストアなどで取り扱われています。

こまめにケアをすることは、面倒くさいことかもしれません。
しかし手も顔と同じで、毎日ケアしないと荒れてしまうのは当然です。
できるだけ毎日のケアを忘れずにして、冬でも潤いのある手を手に入れましょう。

この投稿は2015-12-15に公開されました。

おでこの肌荒れ、原因は?

お肌の手入れをする女性のイメージイラスト普段は前髪で隠れているのでなかなか目が行きませんが、ふと気が付くと小さな勃勃ができていたりすることが多いおでこ。
顔の中でも皮脂が多い部分で、あぶらとり紙などでこまめにケアする人も多い箇所です。

おでこの肌荒れの場合、その原因の多くが洗顔料や整髪料がきちんと洗い流せていないからなんです。
顔を洗うとき、意識が自然と集中する箇所はほっぺたです。
顔では一番肌荒れしたら目立つ部分ではあるので、ほっぺたを意識するのは自然なことです。
しかしほっぺたを意識するあまり、ほかの部分の洗顔が十分ではなくなってしまうので肌荒れしやすくなってしまうのです。

特におでこは、皮脂などだけではなく前髪から整髪料などが予想以上に多く付着してしまっているので十分な洗顔が必要なのです。
ただ、洗顔を十分にするということは回数を増やしたりすればいいということではありません。
無駄に顔を洗いすぎると、お肌に必要な成分までも洗い流してしまう結果になり肌荒れが悪化してしまいます。
十分に泡立てた洗顔料の泡で、ふんわり優しくこすらないように洗うことを心がけてください。
タオルで顔を拭く際も、肌荒れ部分を刺激しないよにこすらずポンポンと軽く拭きましょう。

また、前髪がどうしてもおでこに触れてしまう場合はピンなどで触れないように止めてお肌に刺激を与えないようにしましょう。
仕事等で付けるのが難しい場合は、家にいるときだけでも刺激から避けるようにするだけでもお肌の改善につながりますので試してみてください。

この投稿は2015-11-26に公開されました。

お肌がつるつるになる食べ物といえば・・。

美味しそうなアボカド1個と半分お肌をつるつるにしてくれる食べ物は?と聞かれたら、一番に何を思い浮かべますか?

お肌にいい食材として有名なのがトマトです。
でもお肌をつるつるにしてくれる食材として、もっといい食材があります。
それがアボカドです。

森のバターとして有名なアボカド。
そのおいしさは女性に大人気になっています。
アボカドには、食物繊維やビタミンC、カリウムやポリフェノールなどの様々な成分が含まれていてお肌をつるつるにしてくれる効果がたっぷりなんです。
しかも調理も簡単なので、毎日手軽に摂取することができます。

アボカドは、皮が茶色くなって握ってみて少し柔らかいと感じたら食べごろです。
まだ皮が緑のものや、握ってみて固いと感じる物はまだ食べるのには早いです。
食べても青臭くて美味しいとは言えないので、もうしばらく熟してから食べるようにしたほうがいいです。

また、アボカドはご飯のおかずにもなります。
わさび醤油で味付けをして、ご飯に乗せて海苔で巻いて食べても美味しいです。
小さく切って、納豆に混ぜて食べるのもおススメです。

これからの季節、どうしてもお肌が乾燥してきます。
積極的にアボカドを食べて、ツルツルお肌を手に入れましょう!

この投稿は2015-11-17に公開されました。