おでこの肌荒れ、原因は?

お肌の手入れをする女性のイメージイラスト普段は前髪で隠れているのでなかなか目が行きませんが、ふと気が付くと小さな勃勃ができていたりすることが多いおでこ。
顔の中でも皮脂が多い部分で、あぶらとり紙などでこまめにケアする人も多い箇所です。

おでこの肌荒れの場合、その原因の多くが洗顔料や整髪料がきちんと洗い流せていないからなんです。
顔を洗うとき、意識が自然と集中する箇所はほっぺたです。
顔では一番肌荒れしたら目立つ部分ではあるので、ほっぺたを意識するのは自然なことです。
しかしほっぺたを意識するあまり、ほかの部分の洗顔が十分ではなくなってしまうので肌荒れしやすくなってしまうのです。

特におでこは、皮脂などだけではなく前髪から整髪料などが予想以上に多く付着してしまっているので十分な洗顔が必要なのです。
ただ、洗顔を十分にするということは回数を増やしたりすればいいということではありません。
無駄に顔を洗いすぎると、お肌に必要な成分までも洗い流してしまう結果になり肌荒れが悪化してしまいます。
十分に泡立てた洗顔料の泡で、ふんわり優しくこすらないように洗うことを心がけてください。
タオルで顔を拭く際も、肌荒れ部分を刺激しないよにこすらずポンポンと軽く拭きましょう。

また、前髪がどうしてもおでこに触れてしまう場合はピンなどで触れないように止めてお肌に刺激を与えないようにしましょう。
仕事等で付けるのが難しい場合は、家にいるときだけでも刺激から避けるようにするだけでもお肌の改善につながりますので試してみてください。